ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

デミ・ロバートが双極性障害と告白!ドラッグ&アルコール依存症からのリカバリーを激白!

ディズニー・チャンネルのテレビ映画「キャンプ・ロック」でブレイクし、その後もソロアーティストとして活躍するデミ・ロヴァートが双極性障害について語った。



DemiLov-Today-recovery.jpg22歳のデミが自分が双極性障害であることを告白したのは、精神障害に関して誤解なく認知されるためのアウェアネス活動キャンペーンの「Be Vocal Speak Up」のスポークスパーソンとして抜擢されたから。


「一般的に精神障害というものは、語られるべきものなのに、できるだけ語らないでおこうという風潮があるんです。でも私はみなさんにちゃんともっと知ってもらいたいと思っています」と語った。


デミは「感情的、精神的な問題」のためにリハビリ施設に5年前に入所し、自分が双極性障害であることを知った。またドラッグとアルコール依存症と戦い、さらには自傷カッティングをし、摂食障害でもあった。「依存症になることは自分の意思とは関係ないことだと、もっと多くの皆さんに知ってほしいんです。そして双極性障害を伴っている場合は、化学的な不均衡が起きるんです。そのため、自分自身の治療をチームで一緒になって発見する必要があるため、とても時間がかかるんです」と説明する。


「私の場合、素晴らしい環境に恵まれてやっと治療が可能になりました」という。これには恋人で俳優のウィルマー・ヴァルデラマ(35)のサポートがあり、おかげで3年、ドラッグとアルコールを根絶しているという。「彼がいなかったら、今、私は生きていなかったと思います」とデミ。「私の体験が私のように悩んでいる人たちやサポートが必要な人たちのインスピレーションになれればいいと思います」と語っている。



D姐 (2015年5月28日 12:23)

前の記事: レディー・ガガ グラス片手に熱唱するデュエット・コンサートの衣装とメイクがど ...
次の記事: ニッキー・ミナージュ ミーク・ミルとの婚約破棄!6000万円の巨大ダイアモン ...