ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

ジム・キャリー 自殺した元恋人の葬儀に出席!女性は自殺時、結婚していた謎が深まる。

直前までジム・キャリーと交際し、自宅で自殺していたメイクアップアーティストのキャソリオナ・ホワイトさん(28)の葬儀が母国アイルランドで行われ、葬儀にはジム・キャリーも出席、棺を担いで永遠の別れを告げた。



ホワイトさん自身は有名なメイクアップアーティストではなかったが、ジム・キャリーと交際していたということで注目が集まっていたが、ホワイトさんの遺体のアイルランドへの運搬費用はジム・キャリーが支払いを申し出て支払ったと言われている。

Jimcarey_attend_funel.jpg


Jimcarey_attend_funeld.jpg明らかに自殺だったことから司法解剖が行われていたが、そこで発覚したのは、実はホワイトさんはこの時点で既婚者だったこと。夫はロサンゼルス出身のカメラマンのマーク・バートンという男性で、自殺当時は別居し、ホワイトさんは12月に離婚申請をしようとしていたという。ふたりは2010年にYOUTUBEで公開されたプロジェクトでカメラマンとメークアップアーティストとして働いていた。




遺体の身元引き渡しは夫に第一の権利があるために公開された情報だったが、アイルランドへの搬送には夫の承諾が必要だったと言われているが、ホワイトさんが結婚していることを知っている人は家族でもほとんどいなかったという。




ホワイトさんの遺体のそばには複数の処方箋薬があったと言われ、これらを多量に服用した自殺と言われているが、それらの薬はアンビエン(睡眠剤)、パーコセット(オキシドコンを含む鎮痛剤)、プロプラノロール(頭痛治療薬)、ゾフラン(抗がん剤などによる嘔吐を防ぐ薬)等といったもので、いずれもホワイトさんあてに処方されたものではなく、ジム・キャリーの自宅からホワイトさんがこっそり持ちだしたものもあったというが、ジム・キャリーは服用していなかったものなので、薬がなくなっていたことすら気が付かなかったという。


ホワイトさんの地元の教会でミサが行われたあと、ホワイトさんの棺は近くの墓地で父親の眠るとなりに納められ、ジム・キャリーは自分とホワイトさんのシルエットの画像をつけた追悼メッセージをツイートしていた。

D姐 (2015年10月10日 16:16)

前の記事: またも泥酔で逮捕!シャイア・ラブーフが逮捕される瞬間の写真とマグショットが公 ...
次の記事: クリステン・スチュワート 元アシスタント女性のレズビアン恋人アリシア・カーガ ...