ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

今週公開ジョニー・デップ主演『ローン・レンジャー』が興行成績で大コケ!

今週末はアメリカで独立記念日の連休とあって、大作映画は軒並み週中の7月3日に公開されたが、ジョニー・デップ主演で話題の人気テレビシリーズのハリウッド映画化『ローン・レンジャー』が予想を下回る興行成績だったことが明らかになった。




Depp_loneranger_bomb.jpg製作総指揮はジェリー・ブラッカイマー、監督はゴア・ヴァービンスキーという「パイレーツ・オブ・カリビアン」コンビで、主演はジョニー・デップに加えアーミー・ハマーという大ヒット確実と目されて製作されただけあって、制作費はなんと215-250億円が投入されていたと言われるが、ふたをあけてみれば初週の興行成績は50億円に届かない$4890万ドル(49億円)。週末3日だけでみればたったの$2940万ドル(30億円)だった。


このハズれっぷりは、ディズニー映画としてはもはや伝説的なコケっぷりで有名になった昨年の『ジョン・カーター』レベルで(主演のテイラー・キッシュは昨年3作に出演し前作品が予想を下回る興行成績で"キッシュが出ると当たらない"ジンクスさえ囁かれた)、ジョニー・デップとしては、最近の主演作『ザ・ツーリスト』『ラム・ダイアリー』『ダーク・シャドウズ』も大ヒットとはいえない結果だっただけに立て続けの不発はいたいところ。


一方で大ヒットしたのは『Despicable Me 2』こと人気3Dアニメ映画の続編『怪盗グルーのミニオン危機一発』で、制作費76億円だが初週に$1億4200万ドル(142億円)、週末だけでも$8250万ドル(82億5000万円)を稼いでいる。

『パイレーツ・オブ・カリビアン5』に期待しましょう...2015年だけど...

D姐 (2013年7月 7日 12:22)

前の記事: BBC「シャーロック3」が米サンディエゴのコミック・コンに登場!しかしアメリ ...
次の記事: ブラッドリー・クーパー ウィンブルドン観戦中に恋人とキス!ジェラルド・バトラ ...