ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

【アカデミー賞受賞8回!】アノ有名アニメキャラのモデルにもなった伝説の映画衣装デザイナー、イデス・ヘッドのドキュメンタリー特番がWOWOWで今晩OAに!

このイデスさんこそが、かつてのハリウッド映画黄金期のオードリー・ヘプバーン、グレイス・ケリー、エリザベス・テイラーらの衣装のほとんどをデザインしていたわけで、要は"ハリウッドグラマラス"時代を衣装でつくった偉大な人なのです。



wowow_edith_oscar14sp.jpgアカデミー賞衣装デザイン部門に35回ノミネートされ、8回受賞したという記録を持ち、映画衣装界の巨匠と言われるイデス・ヘッド。この顔と名前(Edith Head)をみて、ディズニー/ピクサー『Mr.インクレディブル』でスーパーヒーローのコスチュームをデザインするエドナ(Edna)のモデルが彼女であることに気がついた人も多いはず。

edith10.jpg


名女優たちから愛され、アルフレッド・ヒッチコック監督からも絶大な信頼を受けていたイデス。特に『ローマの休日』(1953年)や『麗しのサブリナ』(1954年)で、オードリー・ヘップバーン像を築き上げたことなど、巨匠と言われるイデスだけに逸話も数多くありますが、この番組を制作・取材している最中に明らかになった新事実とその謎が、28日夜10時からオンエアされる『ノンフィクションW「映画衣装の巨匠イデス・ヘッド ~8つのオスカー像が語る"美の革命"~」』で、日本で初めて明らかにされるそう。


その秘密は受賞したアカデミー賞の8つのオスカー像(のひとつ)に秘められているということなので、今週日曜日の第86回アカデミー賞が余計に楽しみに思える番組になること間違いなしです!


詳細や見逃してしまった場合の再放送スケジュールはコチラで。


ちなみに今年の衣装コスチューム部門のノミネートは

●アメリカン・ハッスル

●ザ・グランド・マスター

●華麗なるギャッツビー

●The Invisible Woman

●それでも夜は明ける(12 Years A Slave)

有力といわれる三作品は「ハッスル」「ギャッツビー」「12Years」で、ハッスルのマイケル・ウィルキンソンは「300」「マン・オブ・スティール」などザック・シュナイダー作品を多く手がけ、今回が初オスカー候補。「ギャッツビー」のキャサリン・マーティン(バズ・ラーマン妻)は「ムーラン・ルージュ」でセット&衣装の2部門を受賞。「12」のパトリシア・ノリスさんは現在82歳で「エレファントマン」などで計6回ノミネートされているものの今だに受賞無し。誰が受賞スピーチをするのか...それにしても8回受賞、35回ノミネートって神過ぎ!

D姐 (2014年2月27日 15:27)

前の記事: 『スターウォーズ7』にヴィラン役で出演決定と噂される俳優アダム・ドライヴァー ...
次の記事: 【アカデミー賞直前プチ復習】オスカーでも見たい!ジャレッド・レトとマシュー・ ...