ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

なんというタイミング...ブラッター元会長役はティム・ロス、FIFAが90%出資のFIFA礼賛映画が全米公開され、記録的な大コケ&酷評w

副会長2名を含む9名の幹部が不正汚職疑惑で逮捕され、5期目の再選から5日目でブラッター会長が辞任するなど、大揺れの国際サッカー連盟(FIFA)の自己満足な映画がアメリカで公開された。



FIFA_movie_TimRoth2.jpg『United Passions(ユナイテッド・パッションズ=団結した情熱)』と題されたこの映画、FIFAとワールドカップを題材にした映画だが、汚職事件を追求したものではなく、むしろFIFAを礼賛した内容。なぜならFIFAが制作費2700万ドル(32億円)の90%~75%を出資したといわれている自画自賛映画なのだ。


問題のブラッター元会長に『パルプ・フィクション』『レザボア・ドッグス』などのティム・ロス、アヴェランジェ前会長に『ジュラシック・パーク』のサム・ニール、ワールドカップ生みの親のジュール・リメ元会長にジェラール・ドパルデューと世界的に知名度の高い俳優たちを起用しているが、とにかく内容がトンデモの極みで、


FIFA_movie_TimRothpos.jpg「ワールドカップとそれを作った3人の決断力ある男たちが、疑念を克服し、障害やスキャンダルと戦いワールドカップを実現させたという功績にインスパイアされた、壮大な知られざる物語。動乱の20世紀を舞台に、ワールドカップのおかげでサッカーが世界で最も人気のあるスポーツとなったと、この時を越えた物語で褒め称えられている。」


というストーリー。先週金曜日に全米の10館で公開されたこの映画の金曜日、土曜日の興行成績は、たったの607ドル(7万2千円)。アリゾナ州で上映している劇場での売上は9ドル(1080円)。たったひとりしか見に来ていなかったらしい。


一般の映画ファンからそっぽを向かれているが、批評家はのコメントも辛辣な酷評が続く。


「もし汚職事件がなかったとしても恥ずべき作品。自己を聖人化したばかげた映画というよりも、カルト宗教のそれに近いだろう。この映画は糞以外のなにものでもない」(ガーディアン)、「今回のスキャンダルがなかったとしても、観ていてこっちが赤面してしまうような、自尊心のかたまり」(ハリウッド・レポーター)、「この映画は私の覚えている限り、最も見るに値しない映画であり、不誠実で、笑い草にさえならない」(ニューヨークタイムズ)、「アメリカの公開がなんという皮肉なタイミングになったか。これはブラッター会長の再選を祝うタイミングで公開が決定されていた理由によるものだが、それがかえって恥知らずなプロパガンダであり、"目覚ましい功績"なんて余計に滑稽だと言えよう」(ヴィレッジ・ヴォイス)、「著作権を持っているはずなのに、実際の試合の映像はごく短く、かったるいステマ的なシーン、自画自賛で酷くてみっともない。」ニューヨーク・ポスト)


今日明るみになった元幹部のワーナー氏の証言によれば、2010年のW杯開催地決定の投票は実際には開催した南アフリカよりモロッコのほうが投票数が多かった。しかし同氏は「モロッコから100万ドル(1億2千万円)の賄賂を受け取ったが、南アからはそれ以上の賄賂をもらっていた」ということで、トップ画像のシーンなんて想像しただけでウケますが。

ちなみにモロッコ、南アと開催地を争ったエジプトのある大臣によれば、「ワーナー氏は7票分の賄賂7億円をせがんできた」ということで、最終投票でエジプトは一票も入らなかったということ。

D姐 (2015年6月 7日 20:50)

前の記事: 【女王vsグリー】ヘレン・ミレンがなぜかダレン・クリスの握手を完全無視してか ...
次の記事: 国民的アニメ「シンプソンズ」で「ホーマー夫妻が別居へ!」にアメリカが動揺!!