ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

人気あり過ぎベネディクト・カンバーバッチ ハムレット公演の出待ちファンに遂にサイン&セルフィー対応!

ロンドンのバービカンシアターでいよいよハムレット公演が始まったベネディクト・カンバーバッチ。チケットは昨年売りだされると同時に即完売して話題になったアノ公演だけど、結婚、そしてパパになったベネディクトの人気は未だ衰えずに異例の『サイン禁止令』が起こっていた。



BC-Hamlet-signselfi.jpgあまりの人気のために混乱を避けるため、入り待ち・出待ちファンへの対応はしないとのプロデューサーが決定、劇場の外には異例の告知も行われていた。


BC-Hamlet-signselfisign.jpg「ハムレット公演の前後にカンバーバッチ氏はサインをいたしません。


また非常にリクエストが多いため、楽屋口でのプレゼントの預かりやサインの要望も受け付けません。大変申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願い致します」との注意書き。


それでも連日入り待ち、出待ちをするファンが多数劇場周辺を取り囲み、85ポンド(1万6千円)の前売りが買えなかったファンは、10ポンドという激安価格で運が良ければゲットできる当日券待ちの徹夜をしていた。


また公演が始まると携帯電話で公演中に写真や動画を撮るファンがいるという問題に対し、ベネディクト本人が出待ちファンの前で「どうしてもお願いしたことがあるんだ。僕はSNSのことはよくわからないけど、僕がこれから話す件はツイートでもブログでもなんでもいいので広めて欲しい。今、ここでもカメラを持っている人がいるけど、公演中はカメラや携帯電話で撮影をしないで欲しい。客席で(カメラの)赤外線ライトが見えた。凄くはっきりわかるんだ。芝居をするのは簡単なことではないけれど(カメラで撮影されていると気が散って)余計に大変になる。とても腹立たしい。俳優として、これは全く嬉しくないことなんだ。全力を尽くすパフォーマンスをしたいのにできなくなる。携帯電話ではなくてあなたの脳で記憶に残してください。(撮影している人は)厳しくスタッフが取り締まって、退出してもらうことになるって言われた。こんなことは絶対に起こって欲しくないので、どうぞやめてください。」とスッピンで現れてスピーチをしたことでも話題になった。

...といったことで注目が集まり、とはいえチケットも高いし、ファン対応をさせてあげてもいいのでは...といった声もあがっていた矢先、自粛していたサイン&セルフィーのファン対応を解禁して、ベネディクトがファンの前に現れたのです~。

BC-Hamlet-signselfisign2.jpg

BC-Hamlet-signselfisign3.jpg

それにしてもこの人数、さすがです。

D姐 (2015年8月13日 15:01)

前の記事: アカデミー賞を総ナメの映画『アーティスト』で大人気になった犬のアギー君が安楽 ...
次の記事: 「キャプテン・アメリカ3」に新スパイダーマン登場が正式発表!ドイツの撮影現場 ...