ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

2017年公開『猿の惑星』最新作で人間のヴィラン役にウディ・ハレルソンの出演が決定!~War of the Planet of the Apes

全世界で7億ドル(840億円)を超える大ヒットとなった続編で、2017年7月14日に公開が予定されている『猿の惑星』リブート版の第三作目にして最終作となる『War of the Planet of the Apes』の重要なキャスティングが発表された。



Apes-woodyh-villan.jpgこの作品は2014年公開の『猿の惑星: 新世紀』の続編となるため、今作の「War」では人類による文明が崩壊し、知能を得たエイプ/猿と生き残った人間との全面戦争に突入する。

ウディ・ハレルソンが抜擢されたのは、人間のヴィランで、役名は"ザ・カーネル(陸軍大佐)"ということしか明かされていない。


監督は"新世紀"に続いてマット・リーヴスが務め、マーク・ボンバックとともに脚本を執筆する。


人間側の主人公はたった2人で、そのうちのひとりが若手俳優のゲイブリエル・シャヴァリア(Gabriel Chavarria)で、シーザー役にはアンディ・サーキスが続投することが決定していつと言われているが、サーキスは「三部作の予定だったが、4作目があるかもしれないし、5作目があるかもしれない。誰にもわからないよ。過程は続くんだ。次回作で手短に要約するかもしれないし、きっちりと充実させるのかもしれない。重要なのは(リブート版の結末を)オリジナルの『猿の惑星』につなげることなんだし、それは僕らもわかっている。それが次回作(三作目)になるのかどうなのかは僕にはわからない」と語っていた。

D姐 (2015年9月15日 11:11)

前の記事: トム・ハーディ 記者会見でセクシャリティを尋ねられて「はぁ?」とキレる!過去 ...
次の記事: 【スター・ウォーズ7】ルーク・スカイウォーカー役マーク・ハミル 撮影中に事故 ...