ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

マイケル・ファスベンダー主演『スティーブ・ジョブズ』公式予告編第二弾が公開!アップル社復帰シーンが感動的!

"オスカー前哨戦"のジンクスの神通力が薄れてきたトロント映画祭のメディア・サーカスは避け、米コロラドのテルライド映画祭でトロント映画祭開催より一週間早くプレミア公開し、マイケル・ファスベンダーの演技が特に絶賛されて高評価を得ている『スティーブ・ジョブズ』の待望の公式トレーラー第二弾が公開された。



jobs_fassy_trailer2.jpg

「もしコンピュータが美しかったら?家に置いて眺めていたい美しさだったら?手の届かない貴重なものではなく、誰の手にも届くものだったら?」というジョブズ本人の天才的な発言から始まる今回の予告編。そしてウォズ(セス・ローゲン)は「君がレオナルド・ダ・ヴィンチなのか、それとも君がそう思っているだけなのか、もうすぐ明らかになる」といい、「ここにいる君は、君の発明品だと気がついているのは僕しかいない」と対峙する。

さらに今回は父親としてのジョブズ、そして創始者でありながら解雇されたアップル社に復帰する...というドラマティックなシーンの導入も含まれています。現時点で最もアカデミー賞候補に最も近づいているとのバズが一番あがっている作品。全米公開は10月に迫っているので、TVCMや劇場予告編も現在のアメリカでは大量に投下されています。

次の世代の人々は、間違いなくスティーブ・ジョブズが存命していた時にリアルタイムで彼の偉業に心躍らせていた私たちを羨むと思いますが、マイケル・ファスベンダーという名優の演技をリアルタイムで観ていたということも、きっと次世代の人たちは羨むんじゃないかと思います。こちらは第一弾のトレーラーを再掲。監督はダニー・ボイル、脚本はアーロン・ソーキン。

D姐 (2015年9月17日 07:39)

前の記事: アベンジャーズ批判した"ジェイソン・ステイサムには「代理俳優が必要 ...
次の記事: 米・海外ドラマ人気ランキング! 秋スタートの新番組で最もツイートされているド ...