ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

エマ・ワトソン主演の実写版ディズニー映画『美女と野獣』ティーザー映像が初公開!

エマ・ワトソンがディズニープリンセスでも人気のベルを演じることで話題を呼んでいる実写版ディズニー映画『美女と野獣』の映像が初公開された。Beauty_first_teaser.jpg



本日公開された1分30秒の映像で、2017年3月17日に全米公開されることも正式発表。この映画はアニメーションとして初のアカデミー賞作品賞ノミネートとなった1991年の『美女と野獣』の実写版リメイクしたミュージカル映画。主人公ベルをエマ・ワトソンが演じる他、ビースト役はダン・スティーヴンス、ヴィランのガストンをルーク・エヴァンスなど、英国勢がキャストの多くを占めている。監督はビヨンセの『ドリームガールズ』『愛についてのキンゼイ・レポート』などのアカデミー賞ノミネート作を監督したビル・コンドン。


ティーザーなので登場しているのはまだエマだけ、しかも超チラ見という状態ですが、姿は見えないですが会話している声の主は?


城の扉が開く瞬間に始まる会話で最初に「見て、女の子が来たよ」というのは、陽気な(ロウソクの)給仕ルミエールで、声はユアン・マクレガー、そして「それはわからんな。」と答えるのが、(時計の)執事コグワースでイアン・マッケラン。ふたりがどんな姿で出演するのかも楽しみです!!!


『トレインスポッティング』オリジナルキャスト&ダニー・ボイル監督で続編製作!ティーザー動画公開!!

D姐 (2016年5月23日 13:00)