ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

『スタートレック』俳優アントン・イェルチン(27)が衝撃的な自動車事故死!自宅前で自分の車に轢かれる

映画『スタートレック』シリーズでロシア人隊員チエホフ役としておなじみの俳優アントン・イェルチンが、自宅前で自分の車に轢かれるという不慮の事故で亡くなった。27歳だった。Anton-Yelchin-rip.jpg



前2作をJJ・エイブラムス監督で大ヒットしたリブート版『スタートレック』シリーズでチエホフ役で活躍したアントン・イエルチンだが、来月7月22日に最新作『スタートレック ビヨンド』が公開される直前の訃報だった。


アントンとリハーサルをする予定だった友人たちが、アントンがやってこないことを不審に思い、LA近郊のサンフェルナンドヴァレーのアントンの自宅を訪ねてみたところ、本日19日午前1時、アントンが自分の車とゲートのレンガ柱と鉄製のゲートフェンスの間に挟まれて死亡しているのが発見されたという。


友人たちが訪れた時、車はエンジンがかかったままで、ギアはニュートラルだった。自宅前のドライブウェイは急な坂道になっていて、警察によれば「バックしてきた車と郵便受けのついたレンガ柱、フェンスに挟まれてしまった。車を降りてすぐの出来事だったと思われる」ということで、事件性はないと見ている。
Rip_anton_home.jpgアントンは当時のソ連に生まれ、両親は有名なフィギュアスケートのペアだったが、オリンピック資格があるのにも関わらずユダヤ人だったために政府からオリンピック代表の許可を得られず、アントンが生後6ヶ月の時にアメリカに亡命し、フィギュアスケートのコーチになり、金メダリストのサシャ・コーエンもコーチしたことがあった。

アントンは9歳から俳優としてテレビや映画に出演し、ドラマシリーズ「Huff」(2004-2006)で主人公の息子を演じて注目を浴びた。ニック・カサヴェテス監督の映画『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』(2006)で主人公のひとりを演じ、2009年『スタートレック』に抜擢された。


RIP_anton_beyondposter.jpgアントンは『ビヨンド』の他にも、3つの出演映画が、公開予定で、ギレルモ・デル・トロが製作し、年内に公開予定だったNETFLIXのアニメーションシリーズ「Trollhunters」の声の出演もしていた。


突然の訃報に、『スタートレック』の公式アカウントや『ビヨンド』のエグゼクティブプロデューサーのJJエイブラムスや共演者などが悲しみのコメントをツイッターで発表している。


JJ・エイブラムス「君は聡明で、優しく、とんでもなく面白いやつだった。そして何より最高に才能があった。逝ってしまうには早すぎる」
『ビヨンド』のジャスティン・リン監督「ショックすぎる。アントンよ、安らかに。君の情熱は僕たちの心に生き続ける。君で出会えてよかった」
ザッカリー・クィント「僕らの親愛なる友人、同朋であるアントン。最もオープンで知的に面白い人だった。君の友人になれて嬉しいよ。とても才能があって寛大な心を持ち、年齢以上に賢かった。彼の時代が来る前に去ってしまった。ご家族の皆さんに心からお悔やみ申し上げます」
ジョン・チュウ「アントンのことが心から大好きだった。彼は真のアーティストで、面白く、美しく、勇気があった。彼は僕の素晴らしい友人であり息子のようなものだ。僕は放心状態だよ」
ギレルモ・デル・トロ監督「本当に優しく、最も謙虚で聡明で才能ある若い役者だった。一年近く彼と一緒に仕事をしていた。ショックだ」
スティーブン・キング「惨すぎる知らせだ。アントンはありえないほどに才能のある俳優で、逝くには早すぎる」

D姐 (2016年6月19日 13:30)