ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

クリスチャン・ベールが激太りでまるで別人過ぎ!米史上最も腹黒い副大統領を演じる役作り!

「ダークナイト」三部作のバットマンで知られる英俳優クリスチャン・ベールが役作りのために激太り。もはや誰だかわからない状態と話題に!
bale_cheneyy.jpg
クリスチャン・ベールは現在コロラド州で行われていたTellruide映画祭で主演作「Hostiles」が初公開され、同映画祭では映画界への貢献が認められてシルバーメダリオン・アウォードが贈られた。授賞式では公の前に久々に登場となったが、ステージに壇上したベールさん、「え!?」と会場がどよめくほど別人!

今回の役作りは、実在の人物がモデルになっているのですが、その人物とは!?



実はこちらの体重増は、現在撮影中の映画でジョージ・W・ブッシュ大統領の副大統領を務めたディック・チェイニーの伝記映画「Backseat」の役作りのため。よく見ると眉毛もブロンドにしているので、かなり人相が変わっているのはこのせいもあるよう。

bale_cheneyyy.jpg
映画は「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のアダム・マッケイが監督、アメリカ史上、実は最も影響力がありアメリカを操っていた副大統領と言われているチェイニーをベールが演じ、妻役にエイミー・アダムス、ラムズフェルド長官をスティーヴ・カレルが演じる。


「アメリカン・サイコ」でブレイクしたベールが、「マニシスト」のために一日りんご一個とシーチキン1缶で過ごし4ヶ月で25kgのエクストリーム減量をしたが、他にも数々の役に合わせて体型をトランスフォームしてきて、この通り。
christian-bale-befoaf.jpgちなみにTellruide映画祭で初公開された「Hostiles」は絶賛されていて、同じく同映画祭で初公開された「Darkest Hour」でウィストン・チャーチルを演じたゲイリー・オールドマンとともに早くもアカデミー賞候補、間違いなしと言われているとのこと。

D姐 (2017年9月 6日 12:29)