ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

ジャスティン・ビーバーとの抗争が続く中...ブリット・アワードも受賞!ザ・ブラック・キーズ『エル・カミーノ』が100万枚セールを超える!

今月初めのグラミー賞でも4部門受賞、さらに昨日の英音楽賞最大のブリット・アワードでも最優秀インターナショナルグループ賞を受賞したザ・ブラック・キーズの『エル・カミーノ』がアメリカで100万枚のセールスを超えたことが明らかに!



『エル・カミーノ』はアメリカだけで100万枚のセールスを超え、UKでもプラチナ・セールスの認定を受けたのだとか。キーズ初のアリーナツアーもNYマジソン・スクエア・ガーデン2日公演、LAステイプルズ・センター2日公演を含めて即完売だったけれど、12月はローリング・ストーンズの結成50周年記念ライブにもゲスト出演し、3月のロラパルーザ(ブラジル)、5月のニューオリンズ・ジャズフェスティバルのヘッドライナー出演で、ツアーは一段落し、年内にも『エル・カミーノ』に続く新作のレコーディングに入りたいとのこと。


シングルも大ヒットした「ロンリーボーイ」「ゴールド・オン・シーリング」に続き、現在アメリカでは「リトル・ブラック・サブマリン」が超ヘビロテ中で、これまたキそうな予感。

tbk_elcamino_plut.jpg
しかしもしかしたらそれ以上に話題になっているかもしれないのが、ジャスティン・ビーバーとのツイッター抗争。


グラミー賞のアフターパーティから出てきたドラムのパトリックにパパラッチが「ジャスティン・ビーバーがグラミー賞にスルーされたのをどう思うか?」と聞いたところ、「ジャスティンはお金持ちなんでしょ?ならいいんじゃない?グラミー賞は金じゃなくて音楽に与えられる賞だから。彼はハッピーだと思うよ」と答え、これが「ブラック・キーズのドラマー"ビーバーはグラミー賞にふさわしくない"と発言」と婉曲して伝えられ、これにビーバーファン=ビリーバーが激怒。


ビーバーも「ブラック・キーズのパトリックは殴りまくってやったほうがいい」とツイートすると、ツイッターでビリーバーたちがパトリックに「おまえ、キモい。」「ジジイ、黙れ」と攻撃開始。


しかしパトリックは全く意に介せずにビリーバーたちにレスしまくり、しまいにはアイコンを自分のトレードマークである黒縁メガネをかけたビーバーの写真にしたり、名前も「ジャスティン・ビーバー2.0」に変更したりと、からかいまくっていた。今では落ち着いたが、パトリックの弟で顔もそっくりのマイケル(キーズのジャケットのデザインでグラミー賞を受賞している)も参戦して一時は凄いことになっていて、この決着はまだまだ付いていない感じ。

D姐 (2013年2月21日 09:23)

前の記事: キター!!!インナ新曲「クレイジー・セクシー・ワイルド」が配信初日に1位ゲッ ...
次の記事: 【ブリット・アワード2013】キター!デーモン・アルバーン&ノエル・ギャラガ ...