ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

超先取り!19歳ポップ歌姫 セカンド・アルバム製作中のヴィクトリア・ダフィールド 撮影スタジオに潜入!

カナダのブリトニー・スピアーズとも言われるほどのルックスとサウンドにいち早く虜になったファンも多いと思いますが、ヴィクトリアはなんと現在セカンドアルバムを製作中で、そのフォトセッションのためにロサンゼルスに来ているというので、潜入取材してきました!



VD_IMG_3312.jpg「ゼイ・ドント・ノウ・アバウト・アス(feat.コーディー・シンプソン)」やタイトル曲「シャット・アップ・アンド・ダンス」が日本でもヒットチャート入りしたデビューアルバム『シャット・アップ・アンド・ダンス』で、ポップ・シーンに華々しくデビューしたヴィクトリア・ダフィールド。


超過密スケジュールのなか、インタビュー時間まで割いてくれて笑顔で迎えてくれたヴィクトリア。こちらこそ、取材を受けてくれてありがとうという気持ちでいっぱいなのに「スタジオまで来てくれて本当にありがとう。日本のファンにはいつも応援してもらっているから、取材してもらって嬉しいわ」という超いい人。"ダマって踊りなさいっ。(=シャット・アップ・アンド・ダンス)"というファーストアルバムのキャッチコピーなんて忘れてしまうほどチャーミング★そしてダンスで鍛えたしなやかなボディ!写真でみるよりもっともっとかわいいです。


---日本でもデビューアルバムが大好評だったのはどんな気分ですか?

ヴィクトリア「とっても嬉しくて、信じられない。カナダだけじゃなくてインターナショナルなスターになりたいってずっと思っていたから、日本で人気が出たなんて夢のよう。それに日本は私が海外で認められた最初の国だから、絶対にこのことは忘れないわ。日本のファンからもたくさんツイッターで"アルバムが最高でした"とか"ヴィクトリアの曲をカラオケで歌ってます"なんてツイートしてもらって本当に嬉しいの」

VD_IMG_3327.jpg


---ヴィクトリアは自分の曲をカラオケで歌ったりするんですか?

ヴィクトリア「私はまだ19歳になったばかりだから、カラオケには行ったことないの」



---ええ!そうか、カナダではカラオケは"バー"だから、成人にならないと行っちゃいけないんでしょうか?

ヴィクトリア「そうなの!日本では私の年齢でも問題ないのよね。来日したら是非行きたいわ」



---是非、連れってってもらって下さい!セカンド・アルバムの進行状況はいかがですか?

ヴィクトリア「すごく順調よ!今ほとんど曲がそろって、これからどの曲をアルバムに収録するか、チョイスしてブラッシュアップするところなの。4月には先行シングルをリリースするから、みんなに聞いてもらえるのが楽しみだわ。ポップダンスチューンはファーストアルバムと同じ方向性だけど、ちょっぴり大人になって成長した私を感じてもらえると思うの。」



---今日の撮影の写真はセカンド・アルバムなどでも使われるんでしょうか?

ヴィクトリア「うん、いいショットが撮れたらジャケットになるかもしれないし、私も楽しみだわ。今日は10着以上のファッションに着替えて、メイクやヘアも変えたの。来月になったら、ファースト・シングルのミュージック・ビデオを撮影する予定よ」



---そんな大事な撮影にお邪魔させていただいてありがとうございます。どれもこれも素敵なショットばかりで選ぶのが大変そうですね。

ヴィクトリア「どうもありがとう!私のチームのスタッフはカメラマンもメイクもスタイリストもみんな優秀で凄く一緒に仕事しがいがあるの。それに何より私のことをすごくわかってくれてるし、とっても信頼しているわ」


---ヴィクトリアは歌もすっごく上手いんですが、ダンスも最高にうまいですよね。

ヴィクトリア「ダンスは歌唱することと同じくらい私の中では重要なことなの。幼い頃からレッスンを受けているし、今でもトレーニングは欠かさないわ。夢はあきらめないで努力すればいつか必ず叶うって信じているし、実際に夢が叶っても次の夢に向かって努力しなきゃ。」


---新作、とっても楽しみにしてます!


ヴィクトリア「とってもいいアルバムになると思うから、私もリリースされるのを心待ちにしているわ。それから絶対日本に行きたい!日本に行ってファンのみんなに会いたい!だからファンのみんなも是非楽しみにしていて欲しいの。それまで楽しみに待っていてね!」



先行シングルは4月、待望のアルバムは初夏の予定だそうです!

D姐 (2014年2月24日 12:48)

前の記事: 大流行すぎて各地の高校で禁止に!尻振りダンス「トワーク」をカーラ・デルヴィー ...
次の記事: 【ケイティ・ペリー】 イスラム教徒から神を冒涜しているとの抗議で大ヒット曲「 ...