ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

フォトボムならぬニュース・ボム!エリカ・バドゥーが生中継ニュース現場レポに割り込みしてドツかれる!

テレビニュースの現場中継で通りすがりの一般人がカメラに映ろうとすることがあるけれど、なんと画面にうろついていた女性はエリカ・バドゥーだった。



erica-badu_NYCnews_bomb.gif

NYのテレビ局が、先週末に起こったシャイア・ラブーフの逮捕劇を現場周辺でレポート。すると白い帽子をかぶった女性がニヤニヤと横切り、最後にはレポーターにキスをしようとまで!

erica-badu_NYCnews_bomb.jpg

レポーターは怪訝な顔で「ちょっと待ってください」と丁寧ながらも女性を突き返し、レポート続行。スタジオの女性キャスターも苦笑い。


...という様子が生放送されていたが、画面を観れば分かる通り、この女性はエリカ・バドゥーで、現場もスタジオもこんな奇行をしていたのが、有名なミュージシャンがまったく気が付かなかったようす。



しかしテレビ中継を見ていたファンは見逃さす、あの女性がエリカだったのかとツイッターでファンが尋ねるも、エリカはノーと答えていたが、隠しきれなくなり、エリカはレポーターのマリオ・ディアスさんに「ごめんなさい(sorry Mario. :-)))))」とツイートして肯定&謝罪。


マリオさんは「現場を妻と2歳の子どもが10メートル先で見てました。今度あなたに遭ったら"あなたの時間とキスが欲しい"」とプリンスの曲「KISS」の歌詞になぞらえてギャグで返答し、「これからNYCで同じことがあっても(もしかしたら有名人かもしれないから)突き返したりしません」ともちろん怒っていないようす。

そしてエリカは「今日はどの通りで取材するの?」とマリオさんにツイートし、マリオさんは「DMをチェックしてください」とすっかり仲良しになったよう。


ニッキー・ミナージュがBETアワードで最優秀女性ヒップホップアーティスト受賞!受賞コメントでは名指しこそしていないものの同賞にノミネートされてたイギー・アゼリアを思い切りディスり! BETアワード2014の実況はツイートの過去ログでっ!

D姐 (2014年6月30日 13:17)

前の記事: スティング「300億円の遺産は6人の子どもたちに残さない。自分で働け」と宣言 ...
次の記事: 1Dの弟分!5SOS「ドント・ストップ」前代未聞のパンイチ競争!" ...