ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

【必見】セリーヌ・ディオン本人も絶賛!ひとりぼっち男性が空港で退屈しのぎに作った自撮りミュージック・ビデオが最高!

ラスベガス空港で深夜ひとりぼっちになった男性が、セリーヌ・ディオンの名曲にあわせて退屈しのぎに作ったミュージック・ビデオがバカ受け!セリーヌ本人からも絶賛された。



ラスベガス国際空港で足止めをくらい、たったひとりで空港で夜を明かすことになったリチャード・ダンさん。ダンさんはラスベガスの市街地に引き返すことなく、空港に残ったものの、何もすることがない。そこでiPhoneを使って暇つぶしにビデオを作った。使用したのは、セリーヌ・ディオンがエリック・カルメンのカバーをした1996年のヒット曲「オール・バイ・マイセルフ」(自分ひとりで)。


このビデオ、本当にひとりぼっちで、最高なんです!
lasvegas_celine_video.jpg

空港のエレベーターや動く歩道、カウンターなどを巧みに利用して、ガラガラの空港で撮影されたこのビデオ。


旗竿つきの車いすの竿部分にiPhoneをくくりつけたり、スーツケースの取手部分を長く伸ばして、ぼっち撮影したとは思えない自撮りに成功。


4日前にネットで公開されてから、瞬く間に1000万アクセスを超える大ヒットビデオとなったこの作品を見て、ラスベガスで連続公演を行っているセリーヌ・ディオン本人がダンさんにビデオメッセージを!


「あなたのビデオ、最高だわ。でも今度、空港で足止めにあったら、是非私のショーに来てちょうだい。それから私のバスルームだって使わせてあげるわ」とセリーヌ。


実はダンさんもセリーヌと同じくカナダ出身で現在は米ジョージア州在住のエンターテーメント照明デザイナーで、この日は搭乗予定だったデルタ航空機が連続で2便ともキャンセルになり、ホテルの無料宿泊券を提供されたものの「(翌朝6時の出発まで)ホテルに戻ってもたいして時間はないし。iPhoneと無料の撮影セット(=ラスベガス空港のこと)があるし、なんとかやってみるか」とミュージックビデオ撮影を思いついたとのこと。


最初の難関は曲探しで、「Alone」(ひとりぼっち)の状況にあうなかなかいいイメージの曲がなかったが、同郷のセリーヌのこの曲を見つけたとき、これだと思ったという。ガムテープは職員から予めもらっておき、空港が空っぽになる午前2時まで時間を潰し、それ以降に撮影にあたったが、驚いたことに空港清掃員には一切咎められなかったとか。


素晴らしい~~、とにかく芸が細かいw自分でもちょっと作ってみたくなるな(*ノω・*)

D姐 (2014年6月12日 16:58)

前の記事: 【サッカーW杯】JLO出演!ピットブル×ジェニファー・ロペスの開会式パフォー ...
次の記事: クイーン+アダム・ランバートが北米ツアーをスタート!最新ライヴショットが公開 ...