ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

ケシャ「性的暴行・虐待された!」と恩人の大物プロデューサーDr.ルークを告訴!

ケシャのデビュー曲「TickTok」など一連のヒット曲をプロデュースし専属契約をしている大物音楽プロデューサーのDr.ルークに対してケシャが告訴。ケシャの主張はまったくのデタラメだとしてDr.ルーク側も名誉毀損で即日逆告訴している。



Kesha_drluke_sued.jpgDr.ルークはケシャの他にもアヴリル・ラヴィーンやケイティ・ペリー、ブリトニー・スピアーズ、マイリー・サイラス、リアーナなど数多くのポップ・アーティストのヒット曲を手がけていて、現在の音楽シーンには欠かせない存在。


Kesha_drluke_sueda.jpg

ケシャは昨年から今年にかけて摂食障害の治療のためにリハビリ施設入りしたが、これもプロデューサーであるDr.ルークから「冷蔵庫みたいだ」などと揶揄されて摂食障害に陥ったと伝えられていたが、今回の告訴でケシャはDr.ルークから10年以上に渡って「性的・肉体的に暴行され、精神的にも虐待された」と主張。


18歳の時にDr.ルークと契約してから、Dr.ルークはドラッグやアルコールをすすめて無防備にさせて性的な行為を誘ってきたといい、例として飛行機に乗る前に何か鼻から吸引させられて機内で性的な行為に及ばせられたり、たびたび酒を強要され、さらに「しらふになる薬」を飲まされ、翌日目が覚めるとまったく前日からの記憶がなく、ベッドの隣には裸のDr.ルークがいることがあったという。


また性的な暴行だけではなく肉体的な暴行もあったとし、マリブのDr.ルークの家で思い切り殴られたケシャは裸足のまま逃げて、家のふもとにあるハイウェイまで降りて山の中に隠れたという。


ケシャはDr.ルークとの契約解消を求めている。


これに対してDr.ルークは即座に否定し、ケシャは作り話をでっちあげて契約を不履行にしようとしていると、ケシャ側を「名誉毀損と契約違反」で逆告訴した。


特にDr.ルークは今回の告訴に関して、ケシャのマネージャーである母親のペべさんと新しいマネージメント・チームを非難。昨年、ケシャのファンが始めたという「フリー・ケシャ(ケシャを解放して)」というオンラインキャンペーンがあったが、これは音楽やイメージをコントロールしてケシャのキャリアを台無しにしているDr.ルークと契約解除させてあげて欲しい、という陳情だったが、このキャンペーンも実は彼らが操って、でっちあげたネタをファンに信用させていたと主張。


「契約解除しようとケシャや母親が話しをでっちあげている。名誉毀損だ」と告訴しているが、これに対してケシャの弁護士はさらに「Dr.ルーク氏の逆告訴はケシャを非道にコントロールしようとし続けるという予想できた哀れな事例だ。彼の主張はでたらめた」と主張している。


Dr.ルークにプロデュースして欲しいという女性ポップシンガーはいくらでもいるというのに...Dr.ルークの肩を持つわけじゃないんですが、審査員でオーディション番組「Rising Star」にレギュラー出演していたケシャが、自己がなさそうでなんか危ない感じだなあと不安になったので。

D姐 (2014年10月14日 12:47)

前の記事: 【不仲終結】なんとコートニー・ラヴとデイヴ・グロールが仲直り!ストリッパーに ...
次の記事: イギーvsスヌープ戦争勃発!イギーをディスる画像連投のスヌープにT.I.が介 ...