ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

ジャック・ホワイト ライブ楽屋に要求したアボガド・ディップの特製レシピ流出騒動に激怒!

激怒キャラが定着しつつあるジャック・ホワイトが今度は流出したコンサート・ライダーに激怒!



Jackwhite_pissed_guacamole.jpgミュージシャンが各公演先に要求するリストは「ライダー」と呼ばれるが、オクラホマ大学での公演のジャック・ホワイトのライダーが、契約書とともに同大学の新聞部が公開した。


これには「ジャック・ホワイトのコンサートには8万ドルがオクラホマ大学負担に」というタイトルで、22枚に渡る契約書全部がネットに掲載された。


これによれば、CDとDVDの売上100%とTシャツの売上85%はジャック側になり、ケータリングや広告、セキュリティ費などの経費4万ドルがかかる。またオクラホマ大学の収益見込みとして14万7000ドルを計上していることなど詳細が暴露され、ジャックのエージェントであるWMEはオクラホマ大学をコンサートのブラックリストにいれたという。


しかしこの資料をもとに、各メディアがとりあげているのは楽屋ライダー。どんなアーティストでも提出される「要求リスト」だが、この中で
●バナナ禁止 ●ワカモレ(アボガド・ディップ)必須 添付のレシピ通りにつくること
という点が突っ込まれまくった。


しかし、この一連のニュースに関してジャックが公式ブログで長文で大反論。ジャックは「オクラホマ大学の生徒に怒っている?そんなことは絶対無い。オクラホマ大学の新聞部記者に対してムカついている?当たり前だ。でも許す。彼らは若いから今回の件から学んで欲しい」などと述べた。


楽屋要求品に関して「まず最初に、これはおまえたちの知ったことじゃない。でも俺は楽屋に必要なものなど何もない。要求しようと思えばできるが、俺が頼んだものはひとつもない。俺が必要なものは自分で持っていくし、それも大したものはない。要求品はバックバンドとスタッフのためだ」と前置きしたうえで、ワカモレ(アボガド・ディップ)に関しては


「超面白い俺のツアマネが書いた内輪ギャグだ。これは彼のレシピで俺のものじゃない。俺は水に粉を溶かすタイプのジュースだって作れない。そんな才能は持ち合わせていない」と説明し、バナナ禁止に関しては食物アレルギーの関係者がいることを示唆している。


...とはいえ、問題のワカモレ・レシピが気になると思うので、日本語訳しておきます。


【材料】アボガド8個、トマト4個、玉ねぎ1/2個、コリアンダー1束、青唐辛子4個、ライム1個、塩コショウ

アボガドの切り方:半分に切って種を取り除く(種はとっておくこと!)。半分に切ったアボガドをバターナイフで縦横に3.4回切れ込みをいれてから、さいのめ形をくずさないようにしてスプーンで中身を掻き出す。

さいの目に切ったトマト、みじん切りにした玉ねぎ、コリアンダー、青唐辛子と一緒にアボガドを混ぜる。アボガドがあまり潰れないよう食感を残すこと。塩コショウで味を整えたら、今作ったワカモレに種を戻して、ライム汁の半分を加えてならし、表面に残りのライム汁をかける。(種とライムはワカモレが茶色くなるのを防ぐ。)サランラップをして冷蔵庫で保存する。あまり早く持ってこないこと。俺たちが食すのは午後5時頃だ。


俺のワカモレの秘伝レシピを流出するな!とか書いていたら逆に大人だったのに、普通に激怒した模様ですw
私が自分で作る時は青唐辛子とか買うの面倒だし、逆にもっと美味しくなるので青唐辛子の代わりにシラチャー・ソース(Sriracha sauce)を使う。

D姐 (2015年2月15日 16:06)

前の記事: 【アフター・ロミオ】デビュー盤が凄すぎる!4月1日発売「The Story ...
次の記事: 【動画】カーリー・レイ・ジェプセンの新曲ビデオになんとトム・ハンクスがフラッ ...