ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

ファッション界も大注目の女性シンガー"Halsey(ホールジー)"のデビューEPが日本でも発売!

今年5曲入りのデビューEP「Room 93」が遂にリリースされた大注目の新人アーティスト、ホールジー。


Halsey_room93_JPrelease.jpg2014年のグラミー賞を独占した若干16歳の天才シンガーソングライターのロードにいち早く注目したことでも知られる米ティーン・ヴォーグ誌が「神秘的でフェミニストなポップミュージックで時代をつくるアーティスト」と取り上げ、米ELLE誌でも「ホールジーの残酷なまでに正直な音楽に惹きつけられずにはいられない!」 と注目、他にもNYLON、ニューヨーク・マガジンで特集記事が組まれ、そしてentityy誌ではすでに表紙を飾っているという、タダものではなさすぎる新人アーティストなのが、20歳の新世代のポップアイコン、Halsey(ホールジー)。


YOUTUBEでカヴァーソングをアップしつつ、自主リリースしたシングルがラジオでヘヴィー・ローテーションされ、さらにはiTunesのオルタナ・チャートの上位にランクインして、メージャーレーベルの争奪戦が起こったというツワモノ。そして今年5曲入りのデビューEP「Room 93」が日本でも5月にリリースして本格デビュー!今年のSXSW開催時にツイッターで「最もメンションされた新人アーティスト」としてビルボード誌が認定したことでも覚えている人も多いかもしれません。


また昨日、米ELLE誌のオンライン版に掲載された記事では双極性障害であることを告白し、この勇気ある告白が共感されてまたも注目を浴び、この記事はたった一日足らずでSNS上で8400シェアもされて、同サイトでも「最も読まれた記事」になって話題になっています。

その前述の自主リリースしたシングルがこちらの動画の「ゴースト」なのですが、聞いてもらえればわかるけど、いい意味でいかにもイマドキでオサレで時代に敏感な女子が「ホールジー、いいよね」ってつながってる感じが目に見えるようですが、実際にも彼女には同世代の女子ファン、女子フォロワーが多い。これはテイラーやケイティ、ビヨンセをあげるまでもなく、同世代の女子から共感を得て憧れられるというのはポップアイコンとしての必須要素にほかならないし、なんともいえないグルーブ感を持ったサウンド、一度聞いたらもっと聞きたくなる歌声と世界観を既にもっている20歳、やっぱり恐るべし。


ホールジーことアシュリー・フランジペインはNYの隣のニュージャージー育ち。父親は黒人で母親は白人という家庭に育ったおかげで、生まれながらにして音楽的ミクスチャーな恵まれた環境にいたようで、父親の影響でTupac、NWA、Wu-Tang Clan、Bone Thugs N Harmonyといったヒップホップの洗礼をうけつつ、白人の母親からはNirvana、The Cure、Gin Blossoms、Alanis Morisetteを教えてもらったというのを知ると、彼女のポップミュージックというジャンルには収まりきらないグルーブ感、自己矛盾やジレンマ、自己体験をストレートにぶっちゃける型の歌詞はロックでパンクなスピリッツ溢れるともいえるし、この素材の引き出しの多さ、これからが本当に楽しみなアーティスト。国内盤の詳細はコチラの公式で

Halsey_room93_JPrelease2.jpg余談なんですが、ホールジーは大の親日家で特にハロー・キティは大好きなのだとか。そのトレードマークともいえるブルーグリーンの髪色とキュートな歌声のせいか、海外ファンの間からは「リアル・初音ミク」と呼ばれ、本人もまんざらではなさそう。

Halsey_room93_live.jpg特に音楽的影響を受けたのはビギーこと「ノトーリアス・B.I.G.」と「ニルヴァーナ」だそう。ライブ中のホールジーのファッションを見ると、それがなぜかよくわかる気がして、なんか嬉しいw

D姐 (2015年5月28日 12:25)

前の記事: 故B.B.キングさん 実娘の証言から毒殺の疑いで殺人事件として調査へ
次の記事: キターー!!天才ディプロ率いるメジャー・レイザー最新アルバム『ピース・イズ・ ...