ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

故B.B.キングさん 実娘の証言から毒殺の疑いで殺人事件として調査へ

2週間前に89歳で亡くなったブルース界の巨匠B.B.キングさんの死が殺人事件の疑いがあるとして調査されることになった。

編集



RIP_BB-Kinginvestigate.jpg5月14日にラスベガスの自宅で亡くなったキングさんだが、死因は糖尿病の合併症と発表されていた。しかし今回、11人の子どものうち2人が「毒殺だ」と訴えていることから、殺人事件の疑いもあるとみて日曜日に検死が行われたという。


キングさんの娘であるパティさんとカレンさんの宣誓供述書では「父は外国製の薬で毒を投与されたのです。父は殺されたのです」と主張、さらに血糖値の検査も10日ほどされず、糖尿病の機能障害を引き起こした責任もあると主張している。


しかしキングさんの長年のビジネスパートナーであるマネージャーのパトリシア・トーニィさんは「彼女たちはいつもそうやって疑惑を言い立てるんです。また何か言い始めるで しょう」と語る。トーニィさんと付き人のメイロン・ジョンソンさんが最後に看病をしていて24時間体制で看護にあたっていたが、上記の娘ふたりはトーニィ さんとジョンソンさんが自分たち家族の面会を謝絶したとも述べている。


キングさんが亡くなった時、一緒にいたのは付き人のジョンソンさんで、家族はいなかった。キングさんの遺産は数十億円に上るといわれ、遺産管理の執行人としてキングさんの遺言により、トーニィさんが命じられている。


葬儀やファン1000人が集まってのお別れ会も先週終わったところだったが、死後10日以上たって一昨日行われた検死の結果まで8週間ほどかかる見込みだが、キングさん死去前から娘2人側とマネージャー側の法廷闘争が起こっていて、娘側は死去一週間前にキングさんの後見人なることを求めたものの、裁判で却下され、トーニィさんがキングさんの法的後見人であることはなんら問題ないという判断がくだされていた。

全タグ :

D姐 (2015年5月26日 06:25)

前の記事: ブラー新作、堂々のぶっちぎり全英1位獲得!米TV出演時の楽屋パフォーマンス映 ...
次の記事: ファッション界も大注目の女性シンガー"Halsey(ホールジー)& ...