ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

NE-YO、アリアナ、FOBなど豪華アーティストがディズニーの名曲をカヴァー!『ウィ・ラヴ・ディズニー』のクオリティが高過ぎる!

プロデュースは数々の名曲仕掛け人、スーパープロデューサーのデイヴィッド・フォスター!誰もが知っているディズニーのサントラをニューカマーからベテランまで、ポップ/ロックやR&B、カントリーまで幅広くアレンジにとりいれた物凄いアルバムが出来上がりました!



welovedisney_ari_release_jsha.jpg最新のヒットから永遠の名曲まで人気の名曲を実力派人気アーティストたちが歌う、とってもリッチなディズニー・ソング・アルバム『We Love Disney/ウィ・ラヴ・ディズニー』が誕生。現在まで手掛けたアルバムのトータル・セールスが5億枚強、グラミー賞も16度受賞という世界最高の音楽プロデューサー=デイヴィッド・フォスターのプロデュースによるディズニー・ソングブックです~!


参加しているのは、アリアナ・グランデ、フォール・アウト・ボーイ、ジェイソン・デルーロ、ジェシー・J、グウェン・ステファニー、ジェシー・ウェアや、ジェネイ・アイコやトリー・ケリーといった日本でもこれから注目間違いなしのアーティストまでバラエティ豊か。

リード・トラックとなるNE-YO「フレンド・ライク・ミー」は、アカデミー賞/ゴールデングローブ賞受賞した『アラジン』からの名曲。オリジナル版は故ロビン・ウィリアムズ扮するジーニーによる楽しい一曲ですが、これがなんともジャジーなオサレなサウンドに!


welovedisney_jsha_release.jpgNE-YOがこの曲をパフォーマンスした経緯に関してプロデューサーのデイヴィッド・フォスターは「NE-YOに電話してこのプロジェクトに参加しないか聞いてみたら幸いにも快諾してくれたんだ。僕のアイディアはアラジンからの この曲(「フレンズ・ライク・ミー」)だったんだ。何故ならNE-YOは 二面性を持っていて、ひとつは、彼がビッグ・バンドやシナトラみたいに スウィングできる類稀な才能のあるアーティストで、そして彼はポップの一面も持っているから。さらに彼はスーパー・クールだから、曲をクールにしたかったんだけど、彼はやってくれたね。最高の出来上がりだよ!」


誰がどの曲を歌っている?あの曲は誰が歌っている?と気になると思いますので、以下のトラックリストをどうぞ!全曲ちょい聴かせさせてもらったんですが、アーティストそれぞれの個性が発揮されながら、ちょっと意外なアレンジや壮大なサウンドでバシバシの鳥肌モノです。




個人的にはアリアナの「ゼロ・トゥ・ヒーロー」~『ヘラクレス』、ジェイソン・デルーロの「愛を感じて」~『ライオン・キング』、チャーリー・ペリーの「みんなネコになりたいのさ」 ~『おしゃれキャット』、女優ルーシー・ヘイル(「プリティ・リトル・ライアー」)とカントリーのラスカル・フラッツによるコラボの「レット・イット・ゴー」~『アナと雪の女王』、オススメです。Yunaの「Whole New World」はアメリカではハワイのディズニーリゾートのアウラニ・ホテルのCMでも使われているウクレレ調の人気のアレンジのものですよね~めっちゃ癒やされます☆


■■10月30日発売『We Love Disney/ウィ・ラヴ・ディズニー』トラックリスト■■

1.フレンド・ライク・ミー ~『アラジン』(1992年)/ NE-YO
2.パート・オブ・ユア・ワールド ~『リトル・マーメイド』(1989年)/ ジェシー・J
3.愛を感じて ~『ライオン・キング』(1994年)/ ジェイソン・デルーロ
4.レインボー・コネクション ~『ザ・マペッツ』(1979年)/ グウェン・ステファニー
5.ゼロ・トゥ・ヒーロー ~『ヘラクレス』(1997年)/ アリアナ・グランデ
6.私だけの世界 / ベリー・グッド・アドバイス~『不思議の国のアリス』(1961年公開)より/ ジェネイ・アイコ
7.君のようになりたい ~『ジャングル・ブック』(1967年)/ フォール・アウト・ボーイ
8.カラー・オブ・ザ・ウィンド ~『ポカホンタス』(1995年)/ トリー・ケリー
9.ひとさじのお砂糖 ~『メリー・ポピンズ』(1964年)/ ケイシー・マスグレイヴス
10.みんなネコになりたいのさ ~『おしゃれキャット』(1970年)/ チャールス・ペリー
11.夢はひそかに ~『シンデレラ』(1950年アニメ/2015年映画)/ ジェシー・ウェア
12.レット・イット・ゴー ~『アナと雪の女王』(2013年)/ ラスカル・フラッツ&ルーシー・フェイル
13.イッツ・ア・スモール・ワールド Various Artists (Tr:1~12に参加のアーティスト全員)
14.ビーイン・グリーン~『マペッツ』/ ブレナ・ウィテカー (日本盤ボーナストラック)
15.ホール・ニュー・ワールド~『アラジン』/ Yuna (日本盤ボーナストラック)
16.カラー・オブ・ザ・ウィンド~『ポカホンタス』(1995年)/ サラ・オレイン(日本盤ボーナストラック)


★10月30日発売。iTunesでプレオーダーなう。公式サイトにはアーティストのインタビュー動画なども掲載されていますっ!

D姐 (2015年9月25日 17:09)

前の記事: 2016年2月スーパーボール・ハーフタイムショウでブルーノ・マーズ&ワン・ダ ...
次の記事: 【速報】片目の大人気ラッパー フェティ・ワップがバイク事故!救急車で運ばれ、 ...