ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

【まとめ】クリス・ブラウン逮捕!「銃で脅された」と通報した女性は経歴詐称・窃盗疑惑アリのかなりのクセモノだった!

30日、R&Bシンガーのクリス・ブラウンの自宅に警察が早朝から詰めかけ、その様子が断続的にテレビで中継されるという一大事があり、結局、クリスは逮捕されて警察署に搬送され、拘置されるに至ったが、果たして何が起こっていたのか?通報した女性に関する詳細も明らかになった。



クリス・ブラウンを通報したのはモデルのベイリー・カランさんで、クリスとは以前にも面識があった。この日は、「新しいミュージックビデオの出演」に関しての話をするためにクリス宅を訪れた。「ビジネス的な話をし」たあとで、庭のジャグジーに入り、家の中に戻ると、初めて会う男性がブレスレットや時計、ネックレスといったダイアモンドのジュエリーを陳列していた。ベイリーさんいわく、「男性のダイアモンド入りのジュエリーを誉めた」「この人は誰?とクリスに向かって訊いた」ところ、男性が慎重になったのか突然「ダイアモンドに近づくな。外に戻れ」と怒鳴りだした。
chris-brown_bailleygirl.jpg

すると、「私がダイアモンドを誉めていたことを聞いていなかった」クリスもやってきて、クリスが銃をベイリーさんの顔に突きつけて「今すぐ、ここからファッキン去れ。おまえたちみたいな奴にはうんざりだ。頭をぶちぬいてやる」と脅されたという。ベイリーさんは家を後にしようとしたが、クリスの取り巻きからNDA(機密保持契約書。この場で何があったか口外しないことに同意して署名する契約書)のサインをしないと、携帯電話を返さないと言われるというやりとりもあった。ベイリーさんはNDAにサインをせずに携帯をとりあげて走って逃げた。2人の男性が追いかけてきたが、全力で走ったという。ベイリーさんは家の外で警察に通報し、これが事件当日の午前3時ごろで、通報を受けた警察がクリス宅に出動した。


CBarrest_Tarzana_aug30.jpg

裁判所から捜査令状が発行されると、午後2時半頃、警察が邸内に入り、クリスが玄関外で待つという形になったが、午後5時にクリスが逮捕、ロサンゼルスのダウンタウンにある本署で正式な逮捕・起訴手続きのために移送された。


クリスは当日深夜、保釈金25万ドル(2500万円)を支払い釈放されている。この件でクリスは9月20日に裁判所に出廷することが定められた。


そして通報した女性ベイリーさんには批判も集まっている。


24歳のベイリーさんは「ミス・リージョナル・カリフォルニア」で、「ミス・カリフォルニア・USAアンバサダー」だと自称しているが、「ミス・リージョナル・カリフォルニア」に関しては4月に受賞したものの、主催者側は6月に「不適切だった」としてミスの称号を剥奪しているが、再三の返却要求にも関わらずベイリーさんは王冠もタイトルのたすきも返却していない。ベイリーさんは優勝者のルールを幾度と無く破ったとしてミスの座を剥奪したと主催者側は話している。ちなみにこの「ミス・リージョナル・カリフォルニア」は、有名な「ミス・USA」「ミス・アメリカ」とは違うミスコンであり、知名度はそれらとは比べ物にならないくらい低い。また「ミス・アンバサダー」に関しては(同様に無名だが)、ベイリーさんが出場した形跡すらないという。


CBarrest_Tarzana_home.jpg

クリスんち、デカい!

また2013年には、他の女性友人2人とNYへ旅行に行き、口論になった末、友人のひとりがクレジットカードと現金1000ドル(10万円)の入ったもうひとりの友人女性の財布を盗み、ベイリーさんは窃盗した女性と一緒にいたことから、ベイリーさんは指名手配されていたというが、本人は指名手配されているのは知らなかったと語っている。この件で逮捕状は発行されていない。


さらにベイリーさんは女優志願であり、数本の自主制作映画等に出演していて、インスタグラムではコリー・フェルドマンやドクター・ドレ、ドリュー・バリモアといった有名人との2ショット写真を掲載してアピールをしていて、かなりのワナビーとも囁かれている。


クリスへの容疑である「銃による脅迫容疑」というのはベイリーさんの供述によるものであるので、裁判ではこの供述の信ぴょう性などが論点になるのではないかと言われている。


今回の騒動に関してクリス自身は「自分が被害者だ」と、容疑を否認している。


ということで、以下はクリスの逮捕・釈放までの実況ツイート。
-------


D姐 (2016年8月31日 11:16)

前の記事: BABYMETALが"メタル・ゴッド"ことジューダス・プ ...
次の記事: ホイットニー・ヒューストン娘のオーバードーズ死 裁判所が元婚約者の法的責任を ...