ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

美容整形で別人顔になって話題だった「デッド・オア・アライブ」のVo.ピート・バーンズさんが急死

「ユー・スピン・ミー・アラウンド」などのヒット曲で80年代に一世を風靡したバンド「デッド・オア・アライブ」のヴォーカルだったピート・バーンズさんが心臓発作で昨日亡くなったと発表された。57歳だった。九月にイギリスで放送されたドキュメンタリー特番で美容整形を300回し「僕はフランケンシュタイン」と語ったことが話題になっていた。
deadoralive_pete_RIP.jpg



英リバプールで70年代後半に結成され、「デッド・オア・アライブ」としてバンド名を改名したのちに、インディーレーベルと契約、その後1984年にリリースしたメジャーデビューアルバム『Sophisticated Boom Boom』をリリースし、シングルカットされたKC&ザ・サンシャインバンドのカバー曲「That's the Way (I Like It)」がスマッシュヒットした。翌年リリースしたセカンドアルバム『Youthquake』からの「ユー・スピン・ミー・アラウンド」が全英17週連続1位など世界的に大ヒット。しかし日本のみで2000年にリリースされた7枚目のアルバムである『フラジャイル』がDOAとしての最後のアルバムとなった。


ヴォーカリストでフロントマンのピート・バーンズの妖艶なルックスは、カルチャークラブのボーイ・ジョージとともに80年代を代表する英音楽界のアイコンだったが、2006年にピートは英人気番組の「セレブリティ・ビッグ・ブラザー」に出演し、ゴリラの毛皮で作ったコートを着ているといった発言(実際にはコロブス・モンキー)やかつての容姿とは全く違ったルックスとキャラで物議を醸した。2009年のフローライダの「ライト・アラウンド」に「ユー・スピン・ミー・アラウンド」がフューチャーされて同曲はリバイバルヒット。ピート自身も初のソロアルバムを2010年にリリースしたが、近年では美容整形を300回行ったことを明かし、ミュージシャンというよりお騒がせセレブとしての注目を浴びていた。


九月にイギリスで放送されたテレビ番組では300回にもわたる美容整形を繰り返して体調を崩し、うつ病になっていると告白。「美容整形は300回はした。僕が80歳になって天に召された時、神様が僕のことを見て僕だと気がつかないでくれたらいいと思う」と語った。

DOA_pete_rip.jpg
美容整形を始めたのは「ユー・スピン・ミー・アラウンド」がヒットした後、20数年前になるという。かつてパンクバンドをしていた時に、頭突きをされて鼻が折れて曲がってしまったことを気にしていたのが美容整形の始まりだった。およそ9万5千円で鼻の美容整形を受けたが、翌日起きると顔一面が充血していて、美容整形は失敗に終わり、これをまた修正するために完璧主義者のピートは四度の鼻の手術の他、頰、唇にまで美容整形が及んだ。しかし、唇注入が失敗し、顔全体に広がってピートは医師を告訴して勝利して5700万円の慰謝料を受け取った。その後、2年で200回に及ぶ美容整形を受けたが、これには喉ぼとけや目の裏に転移してしまったものの、腎臓や肝臓が排出できなくなった頰の注入物を摘出する大掛かりな手術にも費やされた。


また美容整形の失敗と度重なる手術により血栓などが足、心臓、肺にできてしまい、意識不明となって呼吸停止状態で救急車で病院に運ばれ、十日の入院後、奇跡的に一命をとりとめて退院することもあった。しかしこのような体験をしても、「自分の理想の姿を維持したい」とピートは美容整形をやめることはなかった。


今朝マネージャーがフェイスブックで発表したところによると「愛するピートが昨日、突然の心臓発作で亡くなってしまったことに、我々は心から悲しんでおります」と綴っている。


旧友ボーイ・ジョージも「ピートが亡くなってしまって涙でいっぱいです。彼は本当の意味で素晴らしくエキセントリックな人で、僕の人生にとって大事な人でした。ああ、信じられない」とツイートでコメントしている。

全タグ :

D姐 (2016年10月24日 15:29)

前の記事: バックストリート・ボーイズが2017年にラスベガスで長期公演決定を発表!3& ...
次の記事: マイケル・ブーブレ 3歳の長男がガンを患っていると明かし、治療専念のために芸 ...