授業中に爆睡する"名門アイビーリーグ大学生"のジェームズ・フランコ

「スパイダーマン」でブレイクし、昨年は1億ドル超えの興行成績をおさめた大ヒットコメディ映画「スモーキング・ハイ(原題・Pinapple Express、パイナップル・エクスプレス)」に出演して、ゴールデングローブ賞にもノミネートされたジェームズ・フランコ

さらにアカデミー賞で最優秀主演男優賞を受けたショーン・ペンのゲイ恋人として「MILK」にも出演し、昨年は俳優として大活躍だったが、現在は学生生活を送っている。

UCLAの卒業生であるフランコは、昨年秋から名門アイビーリーグのひとつであるNYのコロンビア大学の大学院に入学し、英文学を専攻している。普通に大学生しようとしているものの、ときおりニューヨーク大学映画科にも聴講しているフランコのあとを追って、女子学生が群がっているという噂もあった。

さらにフランコは大手出版社と契約し、短編小説家としてデビューすることも発表されたばかり。ちなみに母親のベッツィー・フランコは子供向け文学作家として有名な人物。

勉学のために映画オファーも断っていて、将来はフランス語とフランス文学を学ぶためにフランスに移住する計画もあると語ったばかりのフランコたんだけに、さぞかし熱心に授業を受けているかと思いきや...。

爆睡!という現場をクラスメートがちゃっかり携帯で写したようです。

きっと文学系のクラスだろうからってこともあるだろうけど、隣は女子ばっかだ!くぅ。

映画「パイナップル・エクスプレス」はアカデミー賞でもパロディされていたので覚えている人もいるかもですが、邦題が「スモーキング・ハイ」に変わっていてびっくりしましたけど(だって「パイナップル・エクスプレス」は事件の鍵を握る貴重なアイテムなのに!)、それはさておきフランコたんが演じるハイなお兄ちゃんは、「トゥルー ロマンス」でブラピが演じるポットヘッドが主人公で映画をつくったら面白いだろうに...という天才ジャド・アパトーのアイデアだそうです。映画後半でフランコたんがヘアバンドを突然しているのは、アクションシーンで怪我をして、その傷隠しだそうで。

アーカイブ